投稿日:2020年11月25日

鍛冶工事が行われる現場はどこ?

こんにちは!京都市山科区に拠点を置き、鉄骨工事のほかに鍛冶工事も手がけております河建工業株式会社です。
鍛冶工事に携わる鳶職人とは、管工事あるいは建設に関連する溶接工事に従事している職人を指します。
こうした鍛冶工事の職人は、どういった場所で活躍をしているのか知らない人も多いかもしれません。
そこで今回は、鍛冶工事が行われる現場についてお伝えしたいと思います。
もし鍛冶工事などの建設作業にご興味がある場合は、ぜひ参考にしてください。

多くの配管が通る工場


工場には多くの配管が通っていることが特徴です。
例えばガス配管や衛生設備配管といった、工場が稼働するために必要となる配管もあります。
その工場で働く従業員たちの環境を守るために、空調配管や給水管などがあり、用途により種類も多数あるでしょう。
また休みなく毎日稼働している工場であれば、配管の劣化や腐食の発生が考えられます。
配管が破損している部分を特定して、溶接するのが鍛冶工事です。
鍛冶工事の職人は、現場に赴き溶接して丁寧に破損部分を修復することにより、工場の稼働や仕事の環境を守っています。
工場の環境の保持も、鍛冶工事の仕事の一つなのです。

マンションやビルといった建築物

建造物を建てる際も、必要であれば溶接工事が行われます。
それに加えて、完成済みのマンションもしくはビルにおいても、溶接工事が行われる機会が多々あるでしょう。
例えば、マンションやビルといった建物の環境を守るために行われるメンテナンスや、非常階段などに設置されている手すりの補強工事、耐震補強工事などが該当します。
人々が暮らすマンションや仕事をしているビルでも、溶接などの鍛冶工事は行われているのです。
このように鍛冶工事を扱っている建設会社は、マンションやビルといった建築物も施工対象になります。

【求人】河建工業では新規スタッフを募集中!


河建工業株式会社では、私どもとともに鍛冶工事を担っていただける職人を新しく募集中です。
弊社では、鉄骨工事に加えて鍛冶工事も請け負っているので、配管が多く通っている工場もしくはマンション・ビルなどにおいても溶接を行うことがあります。
溶接の仕事をしたいという場合は、活躍する場を把握しておくことが大切なので、今回の記事をぜひ参考にしていただければ幸いです。
鍛冶工事の職人として働きたいという方は、ぜひ河建工業株式会社にご応募ください。
仕事に前向きで意欲のある方のご応募を社員一同、お待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

河建工業株式会社
〒607-8358 京都府京都市山科区西野楳本町131-40
TEL/FAX:075-748-8359


関連記事

【施工実績】大阪 鉄骨工事

【施工実績】大阪 鉄骨工事

こんにちは!河建工業株式会社です。 私たちは京都府京都市を中心に、鍛冶・溶接工事や新築鉄骨工事などを …

ホームページをリニューアルしました。

ホームページをリニューアルしました。

河建工業株式会社では、新たにホームページをリニューアルいたしました。 これまで以上にお客さまにご満足 …

【求人募集】人びとの生活を支えるやりがいのある仕事です!

【求人募集】人びとの生活を支えるやりがい…

こんにちは!河建工業株式会社です。 私たちは京都府京都市を中心に、鍛冶・溶接工事や新築鉄骨工事などを …

お問い合わせ  採用情報